韓国批判は「ヘイト」日本を貶めるのは「表現の自由」がこの国の奇妙な二重基準




『韓国批判は「ヘイト」日本を貶めるのは「表現の自由」がこの国の奇妙な二重基準』、おかしなことだが現実だと感じる。
日本人だけをやり玉に挙げた「ヘイトスピーチ法」が原因の一つだと思う。



週刊ポストの「韓国は要らない」特集に作家から「ヘイトだ」との声が上がり同誌は謝罪。
韓国批判は「ヘイト」日本を貶めるのは「表現の自由」がこの国の奇妙な二重基準
韓国からのヘイトを相手にしない日本人は大人だが、この程度をヘイトと騒ぐ作家は、余程の見識の持主。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント